Subscribe to さくらのBLOG Subscribe to さくらのBLOG's comments

第4話「ダークナイトライジング」 ども、バットマンのコスプレをしたらバッタモンと言われそうな方いんちょうです。

早速予約しておいたレンタカーを借りて目星をつけていたパラマウントピクチャーズの撮影所見学に出かけました。 ロサンゼルスの道は数回走ったことがあるので大体大まかな道は分かるのですが相変わらずの渋滞…しかも土曜日だったので見学の時間やなんやを考えるともうハラハラです。 しかも行けるかどうかわからない感じだったので見学の予約を取っていなかったので結構待ち時間もあり空港に戻れるかどうかも少し微妙な時間から見学が始まりました。 いろんなセットを見て回り…日本にもいくつかの撮影所はありますが作ってある町の規模が断然違い大学でそっち方面の事を勉強していたいんちょうは大興奮です。

 

 

ただ、むこうのTVドラマ「FRIENDS」?関係のセットなどはドラマを見たことがなかったのでさっぱりでしたが現地の方は大はしゃぎされてました。見とけばよかった。 いんちょうはホームドラマが苦手なので見たことがなかったんです。…残念

何やら新作の撮影もされていました。

 

撮影の小話などを聞きながら撮影所内を案内してもらい最後にダークナイトライジングやハリーポッターに関する小道具や衣装のある美術館を見せていただきました。

旅行に行く直前見に行っておいてよかった…。キャットウーマンのアン・ハサウェイの衣装なども置いてあったのですが劇中で見るよりもとても小柄な女優さんなんだぁ…と感心してしまいました。バットマンのスーツも思っていたよりは小柄でした。 なぜか外国の映画を見ると皆さん大柄に見えますが意外とそうでもないんですよね。

 

ハリーポッターも少し前にレンタルで借りて全部見ていたので感動できました。

寮の仕分け?をしてくれる帽子なども頭に載せてもらったのですが撮影は禁止でした。

前回も書いたように貧乏旅行なので韓国経由ですがこっちに帰ってくるぎりぎりに例の件があったりで少しひやひやしましたがまぁ、国際空港の中なら大丈夫なのでしょうか?

3話目にしてようやくアメリカに到着しました。ここからが本番です。

 

第3話「到着」

仁川で乗り換えてロサンゼルス行の便に乗って軽食をいただいて眠剤を飲むといんちょうはもう眠りの世界の住民です。

今回はアメリカにつく時間が現地時間の午前中ですから行きの飛行機の中ではねっぱなしでもいいわけです。

アイマスクをつけて、ヘッドフォンをつけてまるで海岸で寝そべっているトドのように眠りについてしまいます。エコノミー症候群を避けるために足を動かしたり立ったりしなくてはならないのですがほとんど起きることはありません。というわけで起きた時にはもう「自由の国」アメリカです。 まぁ、自由の国とはいえ9.11以降入国審査が異常に厳しくなっているのでこのあたりは非常に不自由です。今回も1時間以上かかってしまいました。

入国審査を終えると次の飛行機まで約7時間あるので…いやこの時にはあったのでじっとしていられるいんちょうではございません。…他の旅行者の方は意外とその時間待ってる方も多いそうですがいんちょうには空港で7時間は無理です。

院長の珍道中も2話目…です。

とはいえまだ飛行機にも乗ってません。このペースでいいのでしょうか?

まぁ、きっと途中で端折る部分が多くなってくると思います。出来れば最後までお付き合いください。いろんなトラブルで退屈させませんよ。…大変でした。

 

第2話「出発」

前日8/8も最終の治療を終わらせていただくとなんとなく興奮しだすわけです。

アメリカ行きの便で午前到着の便に乗る場合は機内ではずっと寝ていた方が向こうについた時には体内時計が合うので前日は荷物の最終チェックやドラクエXなどいろいろやって1~2時間しか寝ないようにして身体を調整します。

さぁ~、出発だ~。 …と張り切ってみたもののまだ関空に着くまでもがっつり2時間はかかるわけでして… 院の駐車場に車を止めて院の戸締りなどを確認して… ここから電車の2時間が結構な苦痛です。

何せほとんど寝てないのでここで眠気のピークが来たりします。 何とか関空について飛行機会社にチェックインすればまずは一安心です。

待ち時間の間に空港限定の「nanoblock」を買ってしまってすでに荷物が増えてしまいました。

余談ですが最近はドラゴンクエストXにどっぷりでしてnanoblockは埃をかぶっています。…アストルティアでいんちょうに会いたい方は一声おかけください。簡単な武器ならお作りいたします。…って何のことかわかりませんね。

いんちょうたちはいつもやすぅ~いチケットを選ぶので今回はまず韓国仁川空港にとんでそこからロサンゼルスへと飛ぶコースです。

出国ゲートを超えて搭乗ゲートにつくと初めて旅気分になります。…と同時に遊ぶ前に飛行機が落ちるといやなので落ちるなら帰りにしてね!とかも思っちゃいます。

どうも!枕が変ったら寝つける方いんちょうです!

BLOGを楽しみに読んでくださっている患者様お久しぶりです。

いんちょうですよ。覚えてくれてますか?忘れてるんじゃないですか?

旅行に行ったことを文章にしてみようと思ったら意外と大変。

意外と時間がかかってしまいました。終わるのはいつの事になるかわかりませんがよければお楽しみください。

 

第1話「準備!」

毎年恒例となっている当院の夏休み。患者様には約1週間ご迷惑をかけてしまいます。 でも、世界中に見てみたいものや体験してみたい事がいっぱいあるいんちょうには旅に出たい衝動が抑えられません。本当は年2回、いや3回と出かけたいのですがこれ以上は患者様にご迷惑をおかけするわけにはいきませんし先立つものもございません。

さて、今年いんちょうが旅の目的地に選んだのはアメリカ。 その中でも最果ての地のイメージが強いアラスカの町です。

…こう書くといきなり思いつきで出かけるように見えますが格安旅券で出かけるたびはそう簡単じゃありません。 戦いはまだ長袖を着て息が白いころには始まっているのです。 なんならこの旅行が終わったころには次に行くところにねらいを定め出さないと繁忙期の貧乏旅行は無理なんです。本当はお盆にやすまずに11月ごろに休んだ方が行きやすいくらいです。

実際の旅支度をするのは一週間もあれば十分なんですが最近は航空券もレンタカーも予約を取ろうとすればホテルもインターネット予約が主流ですから結構長い間細々とすることが出てきます。

最近はなおみ先生と一緒に行くので身の回りの物は用意してもらえるのでいんちょうの主な準備は安宿の手配や向こうでの大まかなプラン作りや目的地の地図作りなどちょっとしたツアーガイドのようなものです。 あとはカメラやタブレットPCの充電、中に入れるいろいろなファイルの準備等もありますが睡眠薬を飲まない限り準備する時間には事欠きません。 以前の旅行でなおみ先生にいんちょうの着替えだけを忘れられたことがあるので出発前にはその辺のチェックもしないといけません。