向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院

四十肩(肩関節周囲炎)

四十肩(肩関節周囲炎)って?
肩関節周囲の組織に石灰化などの変性が起こりその結果生じた炎症により痛む肩関節周囲炎のことです。40代以降に発症することが多く、一般的に四十肩・五十肩といいます。突然痛みが発生する急性期、肩の動きが制限される慢性期、そして症状がましになる回復期があります。通常半年-1年ほどで痛みが軽くなり、肩が動かせるようになります。ただし、適切な治療、運動を行わないと冷凍肩(フリージングショルダー)という状態に陥り運動障害が残ることがあります。

原因
年齢とともに、肩にある関節を覆う膜の石灰化や関節を結ぶ靱帯の柔軟性が低下することで起こると考えられます。上腕部の腱板が加齢とともに変性し炎症を起こすことも原因となります。

症状
急性期…激しい痛みが突然あらわれる
腕を動かしたときに突然肩に激しい痛みが発生するのが四十肩(五十肩)のよくある発症パターンです。両方の方に同時に現れる事は少なくほとんどが片側にのみ症状が発症します。その後、痛みが腕を動かすときに、前腕や手の先にも伝わるようになります。眠れないほどの痛みが生じることも多く痺れが発生することもあります。これは肩関節の急性の炎症によるもので急激な痛みは、数日間から数週間で治まることがほとんどです。

慢性期…肩の可動域が制限される
急性期の急激な痛みが治まるとともに鋭い痛みから重くだるいような鈍い痛みへと変化してしまい肩を動かせる範囲が狭くなることがあります。とくに後頭部を触るような肩を上げる動作や腰を触るような後ろに回す動きが困難になります。痛みのために、肩の筋肉を動かさない状態が続くと組織に癒着がおこり、ますます動しにくくなって長引きます。

処置
急性期は安静に、慢性期に入ったと感じたらできるだけ動かす
急性期…無理して肩を動かさないように出来れば安静にします。重い荷物を持つ、運動をするなどの動作は控えるようにしましょう。
慢性期…その後の慢性期は急性期とは逆に日常動作を行ない肩関節を動かすようにしましょう。
振り子運動(コッドマン体操)をする
コッドマン体操という振り子運動が効果的です。症状のないほうの手で机などにもたれかかって、やかんやアイロンなど1kgくらいまでの重さのものを痛いほうの手で持って腰を前かがみに曲げ前後、左右、回転運動(時計回り、反時計回り)にゆっくりと振ります。手に持ったものの重みで、肩の周りの腱が伸び可動域も広まります。

肩を温めて血行を良くする
急性期には冷やしたほうが痛みがやわらいだり楽になる場合もあるのでその場合はアイスパックや湿布などで短時間冷やすのも有効です。
慢性期に入ればカイロや温湿布を当てたりサポーターをするなどして、肩を出来るだけ冷やさないようにします。ぬるめのお湯に長めに入り温まる入浴法も良いでしょう。

注意点
四十肩(五十肩)と勘違いしやすいものに、腱板損傷(断裂)があります。腱板断裂は自然には治癒しにくく放置すると痛みもきつくなります。痛くなる前の状況(運動の有無や外傷を受けていないかなど)をよく思い出し状態を見極めるためにも受診するようにしましょう。
 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.