向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院

顎関節症

顎関節症って?
顎の関節部や咀嚼筋(物を食べるときに噛むために使う筋肉)等の痛み、 カクンとかガクンというような関節の異音、口を開けにくくなったりしたり顎の運動異常を主な症状とする慢性疾患の総括的な診断名です。主には咀嚼筋の障害、顎周囲の関節包や靭帯障害、関節円板障害、また変形性関節症などが含まれます。
子供から大人まで様々な年代において発生が認められるが20歳代-30歳代の女性に好発しやすいといわれています。


原因
顎関節症は異常な口の開閉運動や、歯ぎしり等などで顎に加わる異常な外力、歯科治療などでおきる補綴物異常など様々な原因による咬合異常や咀嚼筋など筋緊張に起因するといわれている。また、大口でのあくびや大口での笑いなどの何気ない通常動作や、寝違え、など生活習慣や肉体的心理的ストレスなどの相乗作用により、原因となる状態となり症状が発生する場合もあるなど様々な要因で発症することが多いとおもわれます。

症状
症状にはさまざまなものがあり顎関節部の運動痛と運動障害、圧痛、関節雑音、筋痛、関節雑音、開口障害などもみられ症状が重いものになると関節軟骨の破壊や下顎窩や下顎頭の骨吸収や変性、関節円板や滑膜の変形異常も発生します。


処置
原因を除去する治療法が主となります、顎の安静や咬合異常の整復を目的とする治療法がおこなわれます。薬物療法や噛み合せの調整のためスプリント療法(マウスピースのような治療器具を使用し噛み合わせを調整)や矯正を行う。また関節腔内を洗浄することや、内視鏡下での外科的手術を行なうこともあります。
鍼治療も有効とされているのでさくら鍼灸接骨院にもご相談ください。


注意点
10-15%位の方が遷延化したり悪化をする場合があるので関知するまで治療を受ける事が大事だと思われます。

 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.