向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院
脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症って?
脊柱管には、脊髄神経・馬尾神経が通っています。
腰部脊柱管狭窄症とは腰部の脊柱管が何らかの原因で狭くなり脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることによって腰痛や痺れをおこす病気です。若い人?高齢者まであらゆる年代で発症する可能性はありますが50歳代?70歳代までの方に多く発症する傾向にあります。

原因
先天性脊柱管狭窄症…生まれついて脊柱管が狭く正常よりも狭い状態で成長したものが原因のものです。
後天性脊柱管狭窄症 加齢による変性などが原因のものが多く見られます。また、すべり症により脊柱管が狭くなったものや椎間板ヘルニアによる合併狭窄、腰部の手術などにより狭窄したもの、外症によるものが原因の場合もあります。

症状
間欠跛行…しばらく歩くと徐々に下肢が痺れたり重くなったり、痛くなったりして歩くのが困難になります。しかししばらくの間腰掛けて休んだり身体を屈めたりしているとまた歩けるようになるというという状態が、脊柱管狭窄症の症状の特徴です。

また、圧迫される部位により症状が異なる場合もあります。
神経根が圧迫されると…圧迫されたほうの腰から足にかけて痺れや痛みなどの症状が出ます。
馬尾神経が圧迫されると…足の痺れ・麻痺・脱力感・排泄障害などが起こったり、なんとなくムズムズした感じやチリチリしたいやな感じを覚えたりする事もあります。どちらかというと症状が重いタイプです。 

また、混合タイプと呼ばれる両方の症状を併せ持ったタイプもみられます。

処置
こちらも椎間板ヘルニアと同じくすぐに治療や手術などを行うものではありません。治療が施される場合も原則的には保存療法(鎮痛剤、牽引や温熱療法など)を中心に行われます。また神経ブロック療法(神経根ブロック、硬膜外ブロック等)が適応となることがあります。
こちらも椎間板ヘルニアと同じく保存療法で効果が少ない場合、外科的処置(手術)が適応とされる場合があります。
脊柱管狭窄症手術は基本的に脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除く(除圧)事を目的に行われます。手術の方法については、痛みの原因(どのように神経が圧迫されているかの範囲や程度、症状)などにより異なります。 除圧した部位に支障をきたす場合は固定術の併用も行われるようです。
保存療法が適用されるものの中にははり治療などが効果がある場合もありますのでぜひさくら鍼灸接骨院にご相談ください。

注意点
長期間にわたり同じような症状が続く場合医療機関に相談しましょう。


 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.