向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院
手や足の痺れ

手や足の痺れって?
痺れは麻痺の一種であると考えられます。
何らかの原因で血流が滞ると中枢神経や末梢神経などに障害が起こり力が入らなかったり電撃を常に与えられているような異常な感覚が続いたり痺れるような感覚がしたりなどの症状が起こります。
原因は重病から一時的なものまでさまざまであります。

原因
手の痺れ…おもなものに頸椎疾患・手根管症候群・肘部管症候群・胸郭出口症候群・頸椎症・脊髄空洞症・脊髄空洞症などが見られます。
足の痺れ…おもなものに腰椎椎間板ヘルニア・バージャー病・閉塞性動脈硬化症などが見られます。
手足の痺れ…糖尿病性ニューロパチー・脳疾患・頸椎椎間板ヘルニア・頸椎後縦靭帯骨化症・ビタミンB1欠乏症・副甲状腺機能低下症などがみられます。

下線のあるものは他のページで説明をさせていただいている場合があります。各病名をクリックしてご覧ください。


症状
基本的に神経の圧迫や血流障害があればしびれは容易に発生すると考えられています。


処置
可能であれば原疾患の治療をしっかりと行うべきとかんがえられます。症状緩和の意味や特発性良性慢性しびれを改善するためには内服薬がしばしば用いられます。


注意点
脳血管障害や他の重病が隠れている場合も多くありますので症状が長引く場合は早めの受診が重要です。


 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.