向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院

神経痛

神経痛って?
末梢神経がなにかによって圧迫されたり、炎症が起きた部分の神経によって起きる発作的な痛みや、疾患による神経の痛みを原因不明の特発性のものから、原因のはっきりしたものまで含めて、末梢神経領域に起こる痛みを神経痛と呼びます。
鋭い痛みが突然あらわれ、繰り返すのが特徴です。秋から冬にかけて増える傾向にあります。


原因
器質的な原因疾患がみあたらないなど不明の場合も多いが、原因が分かるものでは椎間板ヘルニア、腰椎症、腫瘍、動脈硬化、帯状疱疹、多発性硬化症、ウイルス感染、外傷、ハンセン病などで見られることが多い。外傷により切断されたり傷付いた神経が再結合する際のミスなどが原因でより多くの痛みの信号が脊髄に伝達されるため起こる例などもあります。このような症例では薬はあまり効きません。
原因が不明のものは特発性神経痛、原因のはっきりした病気があるものを症候性神経痛と呼びます。

症状
神経痛には様々なものがあるのでいくつか代表的なものを記載します。
舌咽神経痛
口の中や喉の奥、舌の付け根などに痛みが現れます、この痛みは持続することもあれば発作的に激しい痛みがおきる場合もあります。耳に痛みが起きる事もあります。
肋間神経痛
姿勢を変える時や息をするとき力を入れて物を持ち上げる時に痛みが現れることがよくあります。発症している時には注意が必要で咳・くしゃみの生理現象から少しの外力を加えられることで肋骨を骨折することもあります。骨粗鬆症が発症している中年女性に多く見られる。
坐骨神経痛
大腿後面、や下腿後面(ふくらはぎ)辺りに痛みがおきることが多く見受けられます。下肢の痺れ、知覚鈍麻、歩行障害なども見られます。
三叉神経痛
突然顔面に電撃のような痛みが走るのが特徴です。通常は片側の顔面に起こり痛む時間は比較的短時間であまり長時間持続はしません。
帯状疱疹後神経痛
帯状疱疹(ヘルペス)になった場合通常は皮膚症状が治癒すると痛みも消失することが多いのですがその後もピリピリとするような痛みが持続することがあります。これは急性期の炎症などによって神経が強い損傷をうけたことで起きるものといわれています。

処置
安静にする。
痛みをともなう姿勢や動作をなるべく避け、ゆったりとした気持ちで過ごすことが大切です。痛みが激しいときは、無理をせずなるべく静かに休みましょう。

痛むときは温める
身体を温める
38-40℃くらいのぬるめのお湯にゆったりとつかりましょう。入浴後はよく身体を拭いて湯冷めしないように気をつけましょう。痛む部分をカイロなどで温めるのも良いでしょう。
また、身体を温める食べ物を摂るのも良いといわれています。
(しょうが、コショウ、ねぎ、桃、鶏レバー、豚レバーなど<アレルギーのある方は注意してください。>)

神経痛の痛みにははり・マッサージなども効果が高く楽になっていただけると思われます。ぜひさくら鍼灸接骨院にご連絡を。

注意点
日常生活に支障があるほどの痛みや、痺れたり疼くなどのような症状をともなう時は他の疾患の症状があらわれている可能性もありえますので注意が必要です

 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.