向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院
手根管症候群

手根管症候群って?
手関節の掌側(手のひら側)にある骨(手根骨と呼ばれる親指側の舟状骨と大菱形骨、小指側の豆状骨と有鈎骨)が高低差があり全体として溝のようになっています。この溝に蓋をするように屈筋支帯とよばれる靱帯が張っています。この手根骨と屈筋支帯で形成されたトンネルを手根管と呼びます。このトンネルの中には正中神経と呼ばれる手の動きをコントロールする神経の一部と指を曲げる筋肉の腱(橈側手根屈筋腱・長母指屈筋腱・浅指屈筋腱・深指屈筋腱)がとおっています。このトンネルのなかで正中神経が慢性的な圧迫を受けて手根管より末梢の正中神経支配領域の障害がおこります。


原因
手の使い過ぎ、妊娠などによるむくみ、腫瘤(できもの)などによるトンネルの圧迫や人口透析によるアミロイドの沈着などが原因になります。
反復作業労働に生じることが多いとも言われています。
事故などにより手首を強く圧迫されたり深い切りきずまた骨折などの外傷で正中神経を損傷した場合にも発生する。

また、甲状腺機能亢進症・関節リウマチ・腫瘍などの合併症としても発症する場合があります。


症状
薬指の中指側半分・中指・人差し指・親指にしびれや痛み運動障害を起こします。母指球(親指の付け根)が萎縮する場合もあり、細かい作業が困難になります。とくに親指を他の指と向かい合う位置にもっていく対立運動ができなくなります。 夜間や就眠時に症状が悪化する傾向があります。


処置
軽症-中等症の場合、保存療法を主に行い手首を安静にし装具を使用したり、ステロイド系の薬の注射を行います。
保存療法の効果が無い場合や筋肉が落ちてきたりした場合は外科手術を行う場合もあります。
保存療法が有効な患者様であればマッサージ、はりで効果がありますのでさくら鍼灸接骨院で治療をお受けください。


注意点
親指の付け根の筋肉がやせてきている場合、手術を含めた早急な治療が必要です。
 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.