向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院
椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアって?
本来ヘルニアとは体内の臓器などがあるべき部位から脱出した状態を指します。
椎間板ヘルニアとはそのヘルニアの一種で椎間板の一部である髄核や線維輪の一部などが正常の椎間腔を超えて突出した状態のことを言います。

原因
多くの四足歩行動物は脊椎を重力に対して垂直方向にして生活しているが人間は通常二足歩行であるので脊椎は重力と平行方向の状態となる。このため立位では椎間板には多くの負荷がかかるために起こると言われている。
近年では腰椎椎間板ヘルニアの発症原因の一つに遺伝的要素があることが解明されています。

症状
片側の下肢痛が多い(神経痛-坐骨神経痛参照)が、ヘルニア自体が非常に大きかったり中程度の大きさであっても真うしろへ突出した場合両側で症状が発現する事もあります。下肢痛は当該椎間板ヘルニアにより神経根が圧迫されることにより生じます。
下肢の痛み、痺れ、時には大きなむくみなども見られ足が上げられないなどの自覚症状に加え圧迫された神経根の支配領域に感覚障害がおきたり運動神経の麻痺による筋力低下を起こすこともあります。さらにこむらがえり(足がつる)などの筋痙攣も誘発しやすくなります。症状がきつくなると排尿障害を起こす場合がまれにあります。
ヘルニア自体が大きい場合、脊柱管狭窄症の馬尾神経型と類似した症状を起こすこともあります。この場合特徴的な症状としては間欠性跛行等があります。
腰痛に関しては上位腰椎椎間板ヘルニアの場合起きやすいと言われていますがそれ以外の場合は直接的には発現しにくいと言われます。

処置
椎間板ヘルニアはただあると言うだけですぐに治療や手術などを行うものではありません。治療が施される場合も原則的には保存療法(鎮痛剤、牽引や温熱療法など)を中心に行われます。また神経ブロック療法(神経根ブロック、硬膜外ブロック等)が適応となることがあります。
保存療法で効果が少ない場合、外科的処置(手術)が適応とされる場合があります。手術適応は特に確立されていませんが、一般的に排尿障害が起きてしまうと手術適応とされています。
最近ではレーザー治療などもありますが、まだ有効率が低く中程度のヘルニアまでしか適応できないなど適応が限られています。また健康保険適用外の自費治療なので高額な医療費(医療機関によりますが30万以上)を負担しなければなりません。
マッサージや鍼灸も椎間板ヘルニアが原因の神経痛に効果がありますのでぜひさくら鍼灸接骨院にご相談ください。

注意点
椎間板ヘルニアとほぼ同様の症状を示す他の病気として脊髄腫瘍などがあります。
椎間板ヘルニアの検査の結果が良好でも同じような症状が続く場合医療機関に相談しましょう。
 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.