向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院
腰痛

腰痛って?
体を動かしたときだけでなく、安静にしているときにも腰に痛みを感じる。それが腰痛です。筋肉の疲労やこりによる場合もありますが、背骨の変形や骨折など、骨に異常が起きているケースも少なくありません。


原因
腰痛の症状を引き起こす原因はいろいろと上げられますがおもに以下のものがあります。
1.運動不足、筋肉が退化することによる筋力低下
腰の周りにある筋肉の筋力が衰えてしまうと、腰に必要以上の負担がかかり、腰痛を引き起こすことがあります。
骨盤に関係する筋肉は体幹部および全身の姿勢を保つのに重要な役目を担っていますこのため骨盤周囲の筋力低下が腰痛の原因になると考えられます。
また、腹筋は腹部側から横隔膜などと共に脊椎を支持する働きがあるので腹筋の筋力が低下してしまい正しい姿勢がを維持できなくなると腰椎に必要以上の負担をかけることになります。

2.長時間の同じ姿勢
デスクワークや家事などで長時間同じ姿勢(座りっぱなし、立ちっぱなし、中腰など)を続けたりなど腰にとって無理な姿勢を続けると腰周りの筋肉が緊張して筋肉が疲労してしまい血行が悪くなり腰に痛みが起こります。


3.過度な運動や無理な負担
過度の運動により筋肉は通常よりも疲労し徐々に過緊張をおこし腰痛を引き起こすことがあります。また腰に無理な力がかかるような動作を行うとぎっくり腰など急性の腰痛を引き起すことがあります。

腰痛の原因となる主な疾患
代表的なのは、ぎっくり腰(腰仙部挫傷)、椎間板の一部が正常な位置より脱出して神経を圧迫して起こす椎間板ヘルニアです。他にも、過度の運動が原因となる脊椎分離症や骨の変性などによる腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、また骨粗鬆症も腰痛を引き起こすといわれています。



症状
腰痛といっても様々なものがあるので症状も様々なものが存在しています。

腰椎捻挫(ぎっくり腰など)
脊髄の近くにある椎間関節という小さな関節が捻挫を起こし、激しい電撃様(雷が腰に落ちたような)の痛みに襲われ動けなくなるほどです。腹筋や背筋が弱い人に起こりやすく、再発することも少なくありません。

椎間板ヘルニア
首から腰にかけての痛みや足指の痺れ(知覚鈍磨)や坐骨神経痛と呼ばれるどちらかの足の背面の痛みや痺れや運動がしにくくなることが代表的な症状です。若年層にも比較的多く見られ腰や足の激痛とつっぱりなどで動けなくなることもあります。高齢者の場合、足などにも痛みが出てくることもあり、歩行困難にの原因となることもあります。

脊椎分離症
脊椎骨の一部(椎弓)が骨折して離れてしまうと腰が重く感じられ腰痛があらわれることがあります。痛みを感じないこともあるので放置されることしばしばです。。脊椎分離症の多くは小学生高学年から中学生にみられ分離症が起こると悪化して分離すべり症に移行したり椎間板ヘルニアを併発することもあります。

腰椎すべり症
縦に連なった上下の脊椎が前後にずれ、神経を圧迫するため強い痛みが生じます。痺れをともなうこともあります。脊椎の一部が骨折して分離した分離すべり症と、椎間板の変形が原因(加齢など)の脊椎変形すべり症があります。

変形性腰椎症
加齢などとともに腰椎が変形しトゲのように見える骨棘が出来る事があります。骨棘の尖った部分が神経を圧迫すると動き始めに痛みが起こりやすいという特徴がある腰痛を引き起こします。

腰部脊柱管狭窄症
長い間腰に負担がかかり、椎間板が変形したことにより神経の通り道である脊柱管がせまくなり神経を圧迫することで起こります。安静時には症状は軽い場合のですが、歩き続けると足の痺れや痛みで動けなくなることもあります。立ち止まり休憩すると症状が緩和し歩き出してしばらくすると、また痺れたり痛くなるといった状態を繰り返すのが特徴的です。

骨粗鬆症
骨量が減少し骨が軽石のような状態になり、ささいな衝撃や動きなどで小さな骨折を起こしたり、自重が支え切れず圧迫骨折を起こしたりします。骨粗鬆症自体に痛みはありませんが骨折したりすると腰痛を引起こします。閉経後の女性や高齢の方等に多くみられます。

腰痛症
レントゲンやCT・MRIなどの検査をしても特に原因となるような疾患がないのに腰痛が出現することをまとめて腰痛症と呼びます。痛みの原因は腰部や背部の筋の疲労、炎症にあると考えられる腰痛で、疲労性腰痛とも呼ばれます。おもに姿勢や動き、身体の柔軟性、身体のバランスなどの様々な問題によって起こりほおっておくと腰椎の変形や変性を起こす可能性のある初期段階と考えられます。こじらせる前に筋肉をほぐしたり姿勢を正しくしたりする必要があります。


処置
冷やして炎症を抑える
腰に急な痛みを感じた時や痛みのある部分が熱を持っていると感じるときは冷やします。アイスパックや冷湿布を利用すると良いでしょう。

身体を温める
急性の炎症の痛みが無い場合は38?40℃くらいのぬるめのお湯にゆったりとつかりましょう。入浴後はよく身体を拭いて湯冷めしないように気をつけましょう。
また、身体を温める食べ物を摂るのも良いといわれています。
(しょうが、コショウ、ねぎ、桃、鶏レバー、豚レバーなど<アレルギーのある方は注意してください。>)

良い刺激のマッサージを受ける
痛みを感じるほどの強いマッサージは余計な緊張や局所的な疲労を筋肉に与えたり、内部に小さな傷をつけてしまい腰痛が悪化することがあります。自分で行う場合や周囲の人(施術師でない方)にマッサージをしてもらう場合は、さすったり、軽く押す揉む程度の軽い刺激にしておくのがいいでしょう。
もちろん一番のお勧めはさくら鍼灸接骨院を受診していただくことです。

注意点…日常生活に支障があるほどの腰痛や、長期間腫れて熱を持っていたり、痛みが長く続くときや、さらに足のしびれが続くときは注意が必要です。また、腎結石や尿管結石、子宮筋腫、子宮内膜症、うつや自律神経失調症などの疾患でも腰痛が起こることがありますのでこちらも注意が必要です。

 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.