向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院
耳鍼療法って?

耳のはりについて・・・(こちらはPDFファイルとなります)
全身に365ケ所存在するといわれる経穴(出典によってその数は大きく変動します)に鍼による刺激を加えて身体の不調を改善する鍼治療は今日ではたくさんの皆さんがご存じのことと思います。その全身365ケ所以外に耳には数々の経穴(つぼとも呼ばれます)あり、それらを刺激して、全身の不調を改善する療法を耳鍼療法といいます。また身体の不調以外にも、食欲を調節して痩身を目指す療法が耳鍼ダイエットと呼ばれているものです。

 近年、耳鍼ダイエットとして身近になったですが、起源は意外なことに中国ではなくフランスの民間療法であったようです。民間療法として具体的に体系化されてはいなかったフランスの耳介療法を体系化したのはフランスの医師Roger Nogier博士の研究によるものと言われています。
なぜ、彼はそのような研究を行ったのか?
診療所に来ていた坐骨神経痛患者が焼きごてを耳にあてる治療を近所に住む老婆にしてもらったところ痛みが無くなったという話に始まります。その噂を以前より耳にしていたNogier博士は興味を持ち自分でも研究し試行錯誤の末ようやく体系化したのが現在の耳介療法の起源されています。
耳鍼治療は何に効くの? 
耳の経穴(つぼ)を使った治療の効果が最も高いのは疼痛の治療です。フランスの耳介
療法や中国式の耳鍼研究のきっかけとなったものが鎮痛目的(針麻酔)だったことからもわかると思われます。
また耳にあるつぼは病気や疼痛の治療ばかりでなく、身体のいずれかの部分に疾病や弱った部分があるとその耳の経穴(つぼ)が痛みに対して敏感・過敏な反応点として現れることが多く病気発見の手がかりになることもあります。

日本では広く知れ渡っている耳鍼ダイエットや肥満治療は、耳介療法を体系化したNogier博士の研究結果や中国の古来からの文献にも記載はなく、日本でのみブームとなっている現象のようです。



耳鍼の刺激で何故効果が出るのでしょう?
耳の知覚は顔面神経と迷走神経の知覚枝を伝って脳幹に連絡します。一方で、胃などの消化器の機能を主る迷走神経(副交感神経)は、脳幹に始まり胸腹部内臓に分布します。さらに、満腹や飢餓感を感じる満腹中枢は、視床下部という部位に存在するのですが、この視床下部には、脳幹から多くの神経線維が終末しています。つまり胃や耳へ分布する神経は同じ系統の神経であることや、脳との解剖学的な関連から機能的な関連性があり耳からの刺激に対する効果が及ぶのではないかと思われます。

人に対して耳鍼刺激を行った場合、体重が減少しだし効果が見られるようになるまで大体3-4週間程かかります。また目標体重に近づくまでには約6ケ月から1年程度期間を要すると思われます。。実際に効果に体重の減少が認められる患者様の共通点として軽度肥満から中度肥満で肥満歴が浅い患者様で20代には大して肥満ではなかった等の点があるようです。また、家庭の主婦の方などで食欲は少し落ちてるが勿体ないので全て残さず食べてしまうといった患者様の場合には効果は出にくいものと思われます。
 耳の鍼だからといって全く副作用などが無いわけではなく急激な体重減少などが起きた場合軽度の眩暈や悪心、嘔吐、脱力感といったを多少感じられる患者様もおいでです。ですので治療の際には慎重な経過観察と刺激量調節が肝心といえます。


当院で施術させていただく耳鍼療法は、耳たぶや耳の中の経穴(つぼ)に金粒鍼という直径1mm弱の非常に小さな経穴(つぼ)刺激用の金属粒をテープで貼っておく方法を主に行い効果が薄い際には皮内鍼と呼ばれる長さ0.1から0.3mmの小さな鍼を刺しておく方法との2種類を施術させていただいております。また、耳鍼療法で思うほど効果が出ない患者様には鍼治療やホットパック(ホットマグナー)や低周波をもちいて施術いたします。







 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.