診療時間

スタッフブログ

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアって?
ヘルニアというのは身体の臓器が元の位置から出てしまう状態のことをいいます。
皆さんが聞いたことのありそうなもので言うと脱腸(鼠経ヘルニア)やでべそ(臍ヘルニア)などが有名です。
そして最も有名なのが椎間板ヘルニアとよばれるもので脊椎の椎骨と椎骨をつないでいる椎間板の中にある髄核が外にはみ出している状態のものを言います。
椎間板というのは繊維の輪っかの中に髄核というゲル状のものが入っています。わかりやすく言えば洋菓子のバームクーヘンを薄く切ったものの穴のなかに硬めのゼリーが入っているようなものです。

椎間板の主な役目は椎骨と椎骨をつなぐことですがそのほかにもクッションとして脊柱(背骨)の運動を支えることも重要な役割です。椎間板ヘルニアはそのバームクーヘンのような繊維の輪っかに亀裂が入ってしまいそこに圧力が加わることで中のゼリーのような髄核が亀裂の部分から外に出てしまい神経を圧迫し腰部や下肢に痛みやしびれなどが発症します。
脊椎は頸椎、胸椎、腰椎に分類されますがその中でも腰椎の椎間板ヘルニアの発症が最も多くなっています。

なぜ椎間板ヘルニアになるの?
椎間板ヘルニアの好発は20代から40代の男性といわれていますがもちろんそれ以外の方に発症することも多くあります。考えられる原因としては椎間板に強い負荷のかかる行為の多い生活が考えられます。
お仕事や家事などで中腰で長時間作業をしたり重いものを持ち上げることが多い方やスポーツで腰に負荷のかかることが多い方。事故などで腰に外傷を負った方は発症しやすくなっています。


そして最近言われている原因の中には喫煙、ストレス過多、うつ状態そして遺伝なども関与することがわかりこれらが原因となる場合は。腰に負担のかかることが少なくても発症するといわれています。
また、老化によっても椎間板の水分が少なくなり亀裂が入りやすくなり発症しやすくなります。

腰部椎間板ヘルニアになるとどんな症状があるの
最初にあらわれる症状としては腰痛が現れることが多いです。
そして、左右どちらかの(極稀に両側)お尻や足にかけてしびれや痛みが発症します。


ほとんど両側に痛みや痺れの症状が現れることは少なく両側に症状が現れた場合ある程度の年齢を過ぎていれば脊柱管狭窄症である可能性も考慮されます。


症状が強くなると下肢のしびれが強くなりさわっても感覚のない知覚障害や症状の表れている方の下肢の筋肉がやせ細り筋力低下が見られることもあります。また、腰椎椎間板ヘルニアの発症部位によっては膀胱関係の症状、頻尿や尿が出にくくなったり失禁したりする症状が見られることもあります。

どうやったら椎間板ヘルニアとわかるの?
椎間板の検査は次のようなものがあります。。
まずは機械などを使わずに行う徒手検査が行われることが多いです。
SLRテストと呼ばれる下肢挙上テストが行われます。患者様に仰向けに寝ていただき膝を伸ばし下肢を少しずつ上げるテストで腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の検査に有効なテストで足を上げていくとお尻や太ももの裏、ふくらはぎなどに痛みや痺れが強く発生します。腰椎椎間板ヘルニアでの陽性率は90%以上といわれています。
この検査は腰痛でお越しいただいた患者様には当院でも実施させていただくことが多くなります。

接骨院で実施できない検査としては最初に行われる検査にはレントゲン撮影を行われることが多くなります。レントゲン撮影では腰椎椎間板ヘルニアの確定診断はできないといわれていますが骨の並びの異常からヘルニアの疑いのあることを検査したり腰椎椎間板ヘルニア以外の病気が隠れていないかといったことを確認していただきます。

 

そして腰椎椎間板ヘルニアの症状が強く確定診断を必要とする場合にはMRI(磁気共鳴画像)検査が行われています。現在行われている検査の中では診断の確度が高いとされていてMRI検査を行うとヘルニアの状態もよくわかりどのあたりにどんな大きさのヘルニアがあるかがわかります。

椎間板ヘルニアは予防できるの?
椎間板ヘルニアを予防するためには適度な運動や筋トレが有効とされています。
筋トレの中でも特に等尺性運動(アイソメトリックス)といわれるもので関節の運動は伴っていないが筋肉は収縮している状態の運動が効果的といわれています。説明が難しいのですが一般的に体幹トレーニングなどで行われていることが多いです。例えばよつんばいになって右足(左足)を伸ばしながら反対側の左手(右手)を伸ばしそのままで10秒程度耐えます。こういった運動が予防につながるといわれています。

椎間板ヘルニアって治るの?
以前は椎間板ヘルニアになると治らないといわれていた時代がありました。ただ、最近の医学ではある程度の確率で自然治癒するといわれています。
自然治癒するケースでも症状は3か月から6か月程度かかるためその間の症状緩和や早期治癒のためにも当院で治療を受けていただくことがおすすめです。

病院で軽度の椎間板ヘルニアって言われたらどうしたらいいの?
病院で診断を受けられた患者様の中には痛み止めと湿布の処方で様子を見ましょうと言われる患者様が沢山おられます。そういった患者様にはさくら鍼灸接骨院での施術を受けていただくことをおすすめしています。
当院での腰椎椎間板ヘルニアに対する施術ははり治療と全身調整整体の施術を行わせていただいています。
はり治療で椎間板ヘルニアで起きた腰痛の部位や関連するツボを刺激することにより固くなった筋肉や靭帯の緊張を緩ませ椎間板にかかる負担を減らすことができます。
また、下肢に起きている痛みやしびれなども血流を回復させ軽減させることができます。

そしてはりで筋肉がほぐれたところに全身的な治療として全身調整整体を施術します。身体の歪み具合や筋肉の張り方など異常な状態のある場所を検査し原因を考え、腰部を中心に全身のバランスを調整し腰椎のバランスを改善していきます。また、調整したお身体が維持できるよう日常生活上の姿勢や体の使い方なども詳しくお伝えさせていただきます。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間