診療時間

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 重い荷物を持った瞬間に腰がギクッとなった
  • ギックリ腰がクセになってしまった
  • 腰が痛くて思うように身体が動かせない
  • 腰の痛みをなんとかしたい

ぎっくり腰って?|さくら鍼灸接骨院

ぎっくり腰は正式には急性腰痛と呼びます。
欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」というおどろおどろしい名前で呼ばれたりもします。
「魔女の一撃」というくらいですから雷が走るような激痛を感じ動くこともままならない場合も多くみられます。

ぎっくり腰ってなんでなるの?

当院にお越しになる患者様でぎっくり腰になられた原因で一番多いのは重いものを持ち上げた瞬間に痛んだ方が最も多いですがなかには歯ブラシを拾おうとかがんだだけで痛んでしまった方やくしゃみをした瞬間激しい痛みが走ってしまった方などもおられます。ですがこれらの状態になるのはその行動が悪かったわけではなく日常での身体の使い方や筋肉バランスを崩してしまう姿勢の癖が骨盤をはじめとした骨格の歪みにつながり、それらが重なり合うことによって腰の筋肉に過大な負担がかかりある日、身体の許容量を超えたところでぎくっとなって発症してしまうのです。

ぎっくり腰は癖になるの?

これはぎっくり腰でご来院いただいた患者様によく聞かれることの一つです。
これには先ほど書いたぎっくり腰の原因が深く関連していると思われます。
ぎっくり腰の激しい痛みが引いてくると日常の癖が戻ってきてしまい骨格の歪みが起きてしまうため繰り返しぎっくり腰になってしまう可能性があるのです。
そのためにもぎっくり腰にならないよう骨格の歪みを正してあげる必要があるのです。

ぎっくり腰になったらどうしたらいいの?|さくら鍼灸接骨院

以前はぎっくり腰になった場合安静にするのが一般的でした。
しかし、最近では安静にしているよりもできる範囲で普段通りの生活をしたほうが良いという研究結果もあるそうです。
もちろんお身体の状態によって安静が必ずしも悪いというわけではありませんが治療を受けていただきできる限り日常通りの生活を送っていただくほうが良いようです。

ぎっくり腰になったら体操やストレッチはしたほうがいいの?

これもぎっくり腰でご来院いただいた患者様によく聞かれることの一つです。
まず症状の強さによってケースバイケースなので一概には言えないのですが
発症してしまって間もない腰痛の場合体操やストレッチをしてもしなくてもあまり変化がないということが言われています。
ですので体操やストレッチをして気持ちよかったり楽になったりする場合には行っていただいてもよいのですが痛みが増悪したりする場合には控えていただくのが良いと思われます。
ただし、約1ヶ月を経過したころからは体操やストレッチは効果的ですので行っていただくのが良いと思います。

ぎっくり腰になったらどんな治療をするの?|さくら鍼灸接骨院

さくら鍼灸接骨院ではぎっくり腰の際にはマッサージとはり治療をお勧めしています。
マッサージは筋肉の緊張を緩める効果がありまた患部の循環を促す効果があることから筋肉が過度の緊張をおこして痛んでいる場合や筋肉の過緊張で腰椎の動きが悪くなってしまっている時に有効な治療です。
また、はり治療ははりを刺して患部を刺激することでその部分に集中的にきれいな血液をあつめる反応が期待でき患部の血流が改善され痛みが改善されることが期待できます。

またさくら鍼灸接骨院でははり治療をしているところに低周波を流す電気はり治療を行わせていただいております。
それははり治療を行っている患部の筋肉に低周波を流すことにより筋肉がポンプのように動くのでさらなる血流改善が期待できそのうえ脳から鎮痛物質が出てくることにより痛みが和らぐ効果も期待できることから早期の疼痛緩和につながるからです。

ある程度痛みが落ち着いて来れば痛みの原因となっている骨盤や骨格の歪みをとり筋肉のバランスを調整する整体を受けていただきぎっくり腰が再発しないお身体になるよう調整して行きます。また、調整したお身体が維持できるよう日常生活上の姿勢や体の使い方なども詳しくお伝えさせていただきます。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間