診療時間

交通事故のあれこれ_物損事故

こんな症状でお悩みではありませんか

物損事故について|さくら鍼灸接骨院

物損事故とは、交通事故が発生したものの誰もケガをしておらず、車やモノなどが壊れてしまった場合の事故を指します。車体がキズつく程度の軽度な事故や車が横転して廃車になってしまった事故など、大小さまざまな事故がありますが、ケガをしていなければ物損事故となります。

物損事故の対応

  1. 警察への通報: 物損事故を起こしてしまった場合は必ず警察へ通報してください。報告義務違反を避けるためにも大切です。警察が事故の詳細を記録し、必要な書類を提供してくれます。

  2. 加害者の連絡先の確認: 加害者の氏名、住所、自動車のナンバー、所有者、保険会社の連絡先を記録してください。修理費は基本的には加害者側の自動車保険から支払われます。連絡先を交換する際は、丁寧に対応しましょう。

  1. 治療の可能性: 物損事故でも整骨院での治療は可能です。ケガをした場合は早急に受診し、治療費を請求することができます。接骨院での治療は、むちうちや打撲などの軽傷から、骨折や捻挫などの重傷まで幅広く対応しています。

物損事故は、人身事故とは異なり、ケガをしていないため行政処分や刑事処分は発生しません。しかし、報告義務違反を避けるためにも警察への通報は必要です。また、任意保険に加入していない場合は物損被害について補償は受けられませんので、加害者の連絡先を確認することをお勧めします。

物損事故から人身事故に切り替えることで、治療費だけでなく通院にかかる交通費などの補償範囲を広げることができます。もし交通事故に遭った場合は、適切な対応を心がけてください。

万が一、事故にあった際の手続きも記載させていただきます

緊急時の対応:119番への通報

事故により怪我人がいる場合は、迅速に119番に電話して救急車を呼びましょう。応急処置が必要な場合は、適切な手当を行いながら救助を待ってください。

警察への報告:110番への通報

たとえ軽微な事故であっても、必ず110番に連絡して警察に報告しましょう。現場での直接的な解決は避け、正式な手続きを踏むことが重要です。

情報交換:相手の情報を記録

事故相手の車両ナンバー、住所、氏名、電話番号、保険会社の情報を確認し、記録しておきましょう。後の手続きに必要となります。

専門家への相談:さくら鍼灸接骨院への連絡

事故によるケガや不調がある場合は、さくら鍼灸接骨院へご連絡ください。患者様の回復を全力でサポートいたします。

保険会社への連絡:任意保険の手続き

ご自身が加入している任意保険会社に事故の報告を行い、必要な手続きを進めましょう。

医療機関での診断:整形外科の受診

さくら鍼灸接骨院が紹介する整形外科で診察を受け、診断書を取得してください。治療だけでなく、保険手続きに関するサポートも行います。

交通事故は突然起こり得るもので、その際には冷静な対応が求められます。上記のステップに従い、適切な対処を心がけてください。事故に関するお困りごとがあれば、さくら鍼灸接骨院が皆様の力になります。向日市での交通事故の際は、ぜひ当院にご相談ください。お一人お一人の状況に合わせた丁寧な対応をお約束いたします。

さくら鍼灸接骨院 辻村みつひろ

文責:向日市さくら鍼灸接骨院 

院長 辻村みつひろ柔道整復師はり師・きゅう師あんまマッサージ指圧師

施術師歴 26年

地域の皆様の健康をお守りできるよう日々精進してまいります

皆様が毎日笑顔で過ごせるよう努力を欠かしません

何かお困りのことがありましたら健康のこと以外でも些細なことからご相談ください

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ