診療時間

不眠症

こんな症状でお悩みではありませんか

不眠症って?|さくら鍼灸接骨院

不眠症は、睡眠の質や量が低下し、日中に倦怠感や集中力低下などの不調が生じる状態です。不眠症には、原因や症状のタイプ、持続期間などによってさまざまな分類があります。入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害などのタイプがあります。

不眠症ってどんな病気?|さくら鍼灸接骨院

不眠症の症状について、以下のように説明できます。

入眠障害:寝る時間になってもなかなか眠れない状態です。寝つきが悪く、30分以上かかることが多いです。ストレスや不安、興奮などが原因で起こります。

中途覚醒:眠りについた後、何度も目が覚める状態です。睡眠の質が低下し、疲れがとれない感じがします。呼吸器や心臓の病気、頻尿、騒音などが原因で起こります。

早朝覚醒:朝方に目が覚めてしまい、二度寝ができない状態です。睡眠時間が不足し、日中に眠気や倦怠感が出ます。うつ病や高齢などが原因で起こります。

熟眠障害:眠っているはずなのに、眠った感じがしない状態です。睡眠の深さや連続性が低下し、夢を見ることが多いです。睡眠時無呼吸症候群やレストレスレッグス症候群などが原因で起こります。

不眠症を予防するにはどうしたらいいの?|さくら鍼灸接骨院

規則正しい生活:毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるようにすることで、体内時計を整えます。

睡眠時間にこだわらない:必要な睡眠時間は人それぞれ異なります。自分に合った睡眠時間を確保しましょう。

寝る前はカフェイン摂取をしない:コーヒーや紅茶、コーラなどに含まれるカフェインは覚醒作用があり、安眠を妨げます。

寝室などの環境づくり:寝室の温度や湿度、騒音や光といった環境も不眠につながるため、良質な睡眠がとれるように、環境を整えましょう。

昼寝は午後3時まで:昼寝は午後3時前までに30分以内のものにとどめましょう。

不眠症になったらどんな治療をするの?|さくら鍼灸接骨院

さくら鍼灸接骨院では不眠症の患者様に鍼治療と整体をお勧めしております。

鍼治療:不眠症の原因となるストレスや自律神経の乱れを改善するために、体表のツボに鍼を刺す方法です。鍼によって気血の流れを調整し、心身のバランスを整えます。不眠症のタイプや個人差に応じて、適切なツボや鍼の刺し方を選択します。

整体:不眠症の原因となる首や肩のコリや背骨の歪みを改善するために、手技や器具で筋肉や関節をほぐす方法です。整体によって血液やリンパの循環を促進し、疲労や痛みを軽減します。不眠症のタイプや個人差に応じて、適切な部位や圧力を選択します。

これらの治療は、薬物療法などと併用することで相乗効果が期待できます。

また、生活習慣や食事なども注意することが重要です。

不眠症でお困りの患者様はぜひ向日市のさくら鍼灸接骨院へお越しください。

文責:柔道整復師・はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師  辻村みつひろ

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ