診療時間

肘部管症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

肘部管症候群って? │向日市 さくら鍼灸接骨院

肘部管症候群は、肘の内側の神経(尺骨神経)が圧迫されたり引っ張られたりすることで発生する病気です。この病気により、手にしびれや痛みが生じ、特に薬指や小指が曲がったままに変形することがあります。

肘部管症候群の原因って? │向日市 さくら鍼灸接骨院

肘部管症候群の原因は多岐にわたります。一般的には、肘の過度な使用や怪我、炎症、関節の変形などが主な原因とされています。特に、長時間の運転やスポーツ、慢性関節リウマチ、ガングリオン、軟部腫瘍などが原因となって発症することが多いです。

肘部管症候群を予防するには? │向日市 さくら鍼灸接骨院

肘部管症候群の予防には、適切な姿勢の維持や適度な休息、適切なストレッチやエクササイズが重要です。特に、長時間のパソコン作業や運転をする方は、肘を大きく曲げたり、肘がテーブルに当たったりすると、症状が強くなるため、姿勢を見直すことが推奨されます。

肘部管症候群が起きてしまったらどんな施術をするの?|向日市 さくら鍼灸接骨院

向日市のさくら鍼灸接骨院では、患者様一人ひとりの症状に合わせた個別の治療を提供しています。

手技による施術や鍼灸、マッサージなどがあり、また、簡単な体操などの指導、テーピングなども行っています。

患者様がリラックスして施術を受けられるよう、カウンセリングをしっかりと行い、痛みや辛さに寄り添います。

向日市のさくら鍼灸接骨院では、患者様の健康と快適な生活をサポートするための最善の治療を提供させていただきます。

さくら鍼灸接骨院 辻村みつひろ

文責:向日市 さくら鍼灸接骨院 

院長 辻村みつひろ柔道整復師はり師・きゅう師あんまマッサージ指圧師

施術師歴 26年

地域の皆様の健康をお守りできるよう日々精進してまいります

皆様が毎日笑顔で過ごせるよう努力を欠かしません

何かお困りのことがありましたら健康のこと以外でも些細なことからご相談ください

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ