診療時間

交通事故の症状 頭痛

こんな症状でお悩みではありませんか

交通事故の症状 その3頭痛 │向日市 さくら鍼灸接骨院

交通事故と頭痛

交通事故は、予期せぬ衝撃で首や頭に負担をかけ、頭痛を引き起こすことがあります。この頭痛は、放置するとめまいや耳鳴り、吐き気などの二次的な症状を招く恐れがあります。目に見えない内部のダメージもあるため、事故後は速やかに医療機関での検査を受けることが大切です。

頭痛の長期化と治療

事故による頭痛やその他の症状は、放置すると長期化する可能性があります。通院にかかる交通費も賠償請求の対象となるため、医師の指示に従い、治療日数を守って通院することが重要です。しかし、治療を続けても症状が残る場合があり、これを後遺障害と呼びます。

損害賠償と後遺障害

後遺障害が認められると、治療費や休業損害、後遺症慰謝料、逸失利益などの損害賠償を請求することができます。事故による症状が残っていることを証明するためには、病院での診断書が必要です。診断書があれば、治療しても回復しない頭痛で仕事や家事に影響が出た場合の賠償金を請求できます。

完治と症状固定

交通事故による頭痛は、適切な治療を受けることで完治することもありますが、後遺障害に悩まされることもあります。一定期間治療を続けても改善しない場合は「症状固定」と診断されることがありますが、事故による頭痛であることを最初に証明しておけば、保険請求が可能です。症状固定と診断されても、生活に支障をきたさないように、医師の指示に従って治療を続けることが大切です。

さくら鍼灸接骨院の問診風景

交通事故による頭痛でお困りの際は、向日市のさくら鍼灸接骨院にご相談ください。一人ひとりに合わせた治療プランで、皆様の健康回復をサポートいたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

さくら鍼灸接骨院 辻村みつひろ

文責:向日市 さくら鍼灸接骨院 

院長 辻村みつひろ柔道整復師はり師・きゅう師あんまマッサージ指圧師

施術師歴 26年

地域の皆様の健康をお守りできるよう日々精進してまいります

皆様が毎日笑顔で過ごせるよう努力を欠かしません

何かお困りのことがありましたら健康のこと以外でも些細なことからご相談ください

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ