診療時間

逆流性食道炎

こんな症状でお悩みではありませんか

逆流性食道炎って?|向日市 さくら鍼灸接骨院

逆流性食道炎は、胃酸や胃の内容物が食道に逆流し、食道の粘膜に炎症を引き起こす病気です。主な症状には、胸やみぞおちの痛み、胸焼け、喉の違和感、声のかすれ、慢性的な咳などがあります。特に夜間や横になった時に症状が現れやすいとされています。

逆流性食道炎の原因って?|向日市 さくら鍼灸接骨院

逆流性食道炎の原因としては、食道と胃の境界にある下部食道括約筋の機能不全、食べ過ぎや早食いによる胃内圧の上昇、肥満による腹圧の上昇、高脂肪食やアルコール、炭酸飲料の摂取などが挙げられます。また、加齢や一部の薬剤の副作用によっても引き起こされることがあります。

逆流性食道炎を予防するには?|向日市 さくら鍼灸接骨院

逆流性食道炎の予防には、生活習慣の改善が重要です。具体的には、食べ過ぎや早食いを避け、高脂肪食やアルコール、炭酸飲料の摂取を控えることが推奨されます。また、食後は2〜3時間は横にならないようにし、夜間に逆流症状が出る場合は頭を高くして寝ることが助けになります。肥満の方は体重を減らす努力をし、お腹を締め付ける衣服やベルトの使用を避けることも有効です。

逆流性食道炎が起きてしまったらどんな施術をするの?|向日市 さくら鍼灸接骨院

さくら鍼灸接骨院では、逆流性食道炎の症状に対して、患者様一人ひとりの状態に合わせた丁寧な治療を行っています。症状の緩和を目指し、食生活の指導から姿勢の改善に必要な全身調整や必要に応じて鍼治療を含む幅広いアプローチを提供しております。症状が気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

逆流性食道炎は、適切な治療と生活習慣の改善により、症状の改善が期待できます。向日市にお住まいで、逆流性食道炎の症状にお悩みの方は、さくら鍼灸接骨院までお気軽にお越しください。私たちは、皆様の健康をサポートするために、最善を尽くしております。

さくら鍼灸接骨院 辻村みつひろ

文責:向日市 さくら鍼灸接骨院 

院長 辻村みつひろ柔道整復師はり師・きゅう師あんまマッサージ指圧師

施術師歴 26年

地域の皆様の健康をお守りできるよう日々精進してまいります

皆様が毎日笑顔で過ごせるよう努力を欠かしません

何かお困りのことがありましたら健康のこと以外でも些細なことからご相談ください

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ