診療時間

肋間神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

肋間神経痛って?|向日市 さくら鍼灸接骨院

肋間神経痛とは、肋骨に沿って走る神経が何らかの原因で刺激されて痛む状態のことです。肋間神経痛は病気ではなく、症状のひとつとして捉えられます。

肋間神経痛の原因って?|向日市 さくら鍼灸接骨院

肋間神経痛の原因には、以下のようなものがあります。

外傷や手術:肋骨の骨折や開胸手術などによって、肋間神経が損傷されることがあります。この場合、上半身を動かしたり呼吸したりすると痛みが強くなります。

脊椎や肋骨の疾患:変形性脊椎症や胸椎椎間板ヘルニア、脊椎や肋骨の腫瘍などによって、肋間神経が圧迫されることがあります。この場合、上半身を動かしたり呼吸したりすると痛みが強くなります。

帯状疱疹:帯状疱疹ウイルスに感染して、肋骨周辺の皮膚に水ぶくれができることがあります。この場合、皮膚にひりつくような持続的な痛みが生じます。

神経の異常興奮:ストレスや体の凝りなどによって、肋間神経が過敏になることがあります。この場合、突然電撃のような痛みが生じます。

肋間神経痛は、胸部に発生する内臓の病気と区別する必要があります。胸部に生じる痛みで、以下のような特徴がある場合は、肋間神経痛の可能性が高いです。

痛みが左右どちらか一方に限られている

痛みが肋骨に沿って起こっている

痛みが鋭くて局所的である

痛みが触ったり動かしたりすると強くなる

肋間神経痛ってどうやって予防するの?|向日市 さくら鍼灸接骨院

肋間神経痛を予防するためには、以下のことを心がけましょう。

姿勢を正す:猫背や背中をそらす姿勢は、脊椎や肋骨に負担をかけ、肋間神経を圧迫したり刺激したりする可能性があります。背筋を伸ばして、背骨のカーブが自然になるようにしましょう。

適度な運動をする:ウォーキングやストレッチなどの軽い運動は、血行を促進し、筋肉や関節の柔軟性を高める効果があります。肋間神経痛の原因となる脊椎の病気や筋肉のこわばりを予防することができます。

体を冷やさない:体が冷えると血管が収縮し、血行が悪くなります。筋肉がこわばって痛みや炎症を引き起こす可能性があります。温かい飲み物や食べ物を摂り、湯船につかるなどして体温を保ちましょう

肋間神経痛起きてしまったらどんな施術をするの?|向日市 さくら鍼灸接骨院

向日市のさくら鍼灸接骨院では肋間神経痛の起きた患者様にはマッサージやはり治療と全身調整整体の施術を行わせていただいています。

マッサージは、肋間神経痛の痛みや腫れを和らげる効果があります。 肋骨周辺の筋肉や腱をほぐし、血行を改善することで、炎症を抑え、筋肉の回復を早めることができます。

整体は、肋間神経痛の原因となる脊椎や肋骨のバランスを調整する効果があります。 脊椎や肋骨にかかる負担を軽減し、痛みや腫れを改善することができます。 また、自律神経の働きを整えることで、ストレスによる痛みを緩和する効果もあります。

鍼は、皮膚に刺激を与えることで、神経系や内分泌系の働きを調整する効果があります。

炎症や痛みを抑えることができます。 また、筋肉のコリやけいれんをほぐすことで、筋肉の柔軟性や機能を回復させる効果もあります。

肋間神経痛でお困りの患者様はぜひ向日市のさくら鍼灸接骨院へお越しください。

文責:柔道整復師・はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師  辻村みつひろ

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ