診療時間

四十肩・五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 背中に手を回そうとすると痛む
  • 腕が痛くて着替えが困難だ
  • 夜中に痛みで目が覚める

四十肩・五十肩って?|さくら鍼灸接骨院

四十肩や五十肩は肩に関する関節痛のことを言います。四十代になったり五十代になったりすれば必ずなるものではありません。
これらの名前はいわゆる俗称であって正式な病名ではありません。

ただ、しっかりとあてはまる病名がないので病院や接骨院・整骨院でも四十肩や五十肩という名称で説明されることがあります。

当てはまる病名がないと書いていますが広い意味でとらえれば「肩関節周囲炎」という肩関節の周りに炎症が起きています。という病名を当てはめることもできますがこれも肩関節の周りに炎症が起きていますよという詳しく説明しにくい病名となってしまいます。

もう少し狭い意味で四十肩や五十肩に当てはまるものを検索してみると「癒着性肩関節包炎」というものが近いものになります。

簡単に肩関節周囲炎と癒着性肩関節包炎を説明しますと肩関節周囲炎は肩の深部に存在する腱板(肩回りの筋肉が腕の骨につくところが白い筋のようになっておりそれが薄い板状になっています。)に炎症が起きている腱板炎や上腕二頭筋(腕の前側の筋肉)の一部に炎症が起きる上腕二頭筋長頭腱炎などをいいます。
癒着性肩関節包炎は肩関節を包む膜(関節包)に炎症が起きその結果肥厚して癒着してしまい肩があげられない状態になることを言います。

 

四十肩・五十肩の原因って?

「四十肩・五十肩って?」で記載したようなことが痛みの起きるメカニズムとみられますがなぜそうなるか。ということになるとはっきりとした原因はわからないというのが正直なところです。

なぜ炎症が起きてしまったり癒着が起きてしまうのかはっきりわかりませんが肩に起きている炎症や癒着してしまった事による関節可動域の制限などを改善することが根本治療となりますのでご安心ください。

四十肩・五十肩の症状|さくら鍼灸接骨院

四十肩・五十肩は肩の動きが円滑にいかないことや肩回りの痛みが主に上げられます。

背中に手を回そうとしても痛くて出来ない。着替えの時に袖に手を通そうとしても痛くて腕を上げられないといった運動痛や夜ふとんに入って眠ろうとしてもずきずき痛んで眠れないといった夜間痛が主な症状となります。

腕を動かすとつらい運動時痛は癒着性肩関節包炎により発症すると考えられます。関節包(肩関節を包む膜)は肩関節を上や前、後ろとぐるりと取り囲んでいます。それが癒着するわけですから腕を上げるのも背中側に回すのも腕を外に開こうとしても痛んでしまうのです。

また、四十肩・五十肩なのに腕が痛いという方もおられます。肩が原因かどうかということは見極めなければなりませんが腕が痛いけれども肩を動かしたときに痛むという場合は肩に原因があることがあります。

これもはっきりとした原因は不明なのですが肩からでる神経が原因ではないかといわれたり肩を動かしにくいため肩回りや腕の筋肉が固く強張っているからではないかと考えられています。

四十肩・五十肩ってどうなるの?

四十肩・五十肩の進行は3期に分類されます。強い炎症が起き痛む炎症期、痛みは落ち着いてくるが癒着によって関節が動きにくくなる凍結期、そしてどちらも解消される回復期のように進行するとみられます。

ただ、さくら鍼灸接骨院にご来院いただく沢山の患者様の症状を拝見していると上のようなパターンに当てはまる方ばかりではありません。

最初から痛みは強くないが関節の動きにくい方、炎症が強く強い痛みがなかなか取れない方、痛みも関節の可動域制限も強い方。症状の持続する期間も数ヶ月の方から1年以上かかる方さまざまな病態が見受けられます。

四十肩・五十肩と似ていて気を付けないといけないものはあるの?|さくら鍼灸接骨院

先ほども書いていました肩の深部に存在する腱板が切れてしまう腱板断裂や軟骨のすり減りを原因とする変形性関節症などといったもの、頸部椎間板ヘルニアによる神経痛。また、石灰沈着性腱板炎と呼ばれ腱板に石灰質が沈着してしまう疾患なども見極めが必要となります。

整形外科などではレントゲン撮影をしてこれらの異常所見がない場合に四十肩・五十肩と判断されることも多いようです。

四十肩・五十肩になったらどんな治療をするの?|さくら鍼灸接骨院

さくら鍼灸接骨院では四十肩・五十肩の際にははり治療をお勧めしています。

はり治療ははりを刺して患部を刺激することでその部分に集中的にきれいな血液をあつめる反応が期待でき患部の血流が改善され痛みが改善されることが期待できます。またさくら鍼灸接骨院でははり治療をしているところに低周波を流す電気はり治療を行わせていただいております。

それははり治療を行っている患部の筋肉に低周波を流すことにより筋肉がポンプのように動くのでさらなる血流改善が期待できそのうえ脳から鎮痛物質が出てくることにより痛みが和らぐ効果も期待できることから早期の疼痛緩和につながるからです。

 

また、ある程度痛みが落ち着いて来れば全身調整を施術させていただき肩関節の可動域改善や肩関節の疼痛により悪くなった姿勢を改善し早期回復を目指し調整して行きます。また、調整したお身体が維持できるよう日常生活上の姿勢や身体の使い方、四十肩 ・五十肩のための簡単な体操などもお伝えさせていただきます。

 

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間