診療時間

顔面神経麻痺

こんな症状でお悩みではありませんか

顔面神経麻痺って? │向日市 さくら鍼灸接骨院

顔面神経麻痺は、顔の筋肉を動かす神経に障害が起き、表情がうまく作れなくなる病気です。症状としては、眉毛を上げることができなかったり、目を閉じるのが難しかったり、口元から飲み物が漏れたりすることがあります。これらの症状は、日常生活に大きな影響を与え、患者さんの心にも負担をかけることがあります。

顔面神経麻痺の原因って? │向日市 さくら鍼灸接骨院

顔面神経麻痺の原因は様々ですが、多くはウイルス感染が関係しています。特にベル麻痺と呼ばれるタイプは、原因不明の場合が多いですが、単純ヘルペスウイルスの再活性化が関与していることが知られています。また、外傷や腫瘍、耳の疾患また長時間顔に風を受け続けることなどが原因で起こることもあります。

顔面神経麻痺を予防するには? │向日市 さくら鍼灸接骨院

顔面神経麻痺の予防には、ストレスを避け、十分な休息を取ることが重要です。また、ウイルス感染を防ぐために、手洗いやうがいなどの基本的な衛生管理を徹底することも効果的です。

顔面神経麻痺が起きてしまったらどんな施術をするの?|向日市 さくら鍼灸接骨院

向日市のさくら鍼灸接骨院では、顔面神経麻痺の治療として、鍼灸治療を行っています。鍼灸は、麻痺した筋肉に直接アプローチし、顔の筋肉のバランスを整えることで、症状の改善を目指します。また、リラクゼーション効果もあり、患者さんのストレス軽減にもつながります。

向日市のさくら鍼灸接骨院では、一人ひとりの患者様に合わせた丁寧な治療を心がけておりますので、顔面神経麻痺でお困りの患者様はぜひご相談ください。

さくら鍼灸接骨院 辻村みつひろ

文責:向日市 さくら鍼灸接骨院 

院長 辻村みつひろ柔道整復師はり師・きゅう師あんまマッサージ指圧師

施術師歴 26年

地域の皆様の健康をお守りできるよう日々精進してまいります

皆様が毎日笑顔で過ごせるよう努力を欠かしません

何かお困りのことがありましたら健康のこと以外でも些細なことからご相談ください

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ