診療時間

交通事故のあれこれ 高速道路での事故

こんな症状でお悩みではありませんか

交通事故のあれこれ その10:高速道路での事故|さくら鍼灸接骨院

高速道路事故時の安全対策

高速道路での事故は、一般道路とは異なる注意が必要です。以下のステップで対処しましょう。

事故発生直後の行動

  1. ハザードランプの活用

    事故発生時は、すぐにハザードランプを点灯し、安全な場所へ車を移動させてください。狭い道、橋、トンネル内では、広いスペースを目指して移動することが重要です。

  2. 安全標識の設置

    車を安全な場所に移動させた後、発炎筒や三角停止板を事故車の後方50メートル以上に設置してください。視界が悪い場所では、さらに後方に設置することが望ましいです。

  3. 緊急通報の実施

    救急車や警察への通報は、車外の安全な場所から行ってください。スマートフォンや非常電話を利用し、安全な場所で救助を待ちます。

事故後の対応とサポート

  • 医療機関への相談

    高速道路での事故は、スピードが関係しているため、事故直後に痛みがなくても、後からむちうちや腰部捻挫などの症状が現れることがあります。後遺症を防ぐためにも、事故に遭遇したら、専門の医療機関への相談が重要です。

  • 保険会社との対応

    交通事故の治療に関する保険会社とのやり取りや、必要に応じて整形外科や弁護士の紹介など、専門的なサポートが可能です。慰謝料などの補償に関するサポートも提供しています。

高速道路での事故は、迅速かつ冷静な対応が求められます。事故発生時の正しい行動を心がけ、安全を最優先にしてください。また、事故後の適切な治療や保険手続きについては、専門の医療機関やサポート機関にご相談いただくことをお勧めします。事故に関するご相談は、さくら鍼灸接骨院にお任せください。

私たちは、患者様の心身の回復をサポートし、安心して日常生活に戻れるようお手伝いいたします。高速道路での事故に遭われた際は、安全な場所での待機とともに、専門的なアドバイスを求めることが大切です。万が一高速道路で事故にあわれた場合は向日市のさくら鍼灸接骨院までお気軽にご相談ください。

さくら鍼灸接骨院 辻村みつひろ

文責:向日市さくら鍼灸接骨院 

院長 辻村みつひろ柔道整復師はり師・きゅう師あんまマッサージ指圧師

施術師歴 26年

地域の皆様の健康をお守りできるよう日々精進してまいります

皆様が毎日笑顔で過ごせるよう努力を欠かしません

何かお困りのことがありましたら健康のこと以外でも些細なことからご相談ください

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ