診療時間

モートン病

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足の前側の激しい痛み
  • いつまでも続く不快感と足がすぐ疲れてしまう
  • 足の指が腫れるのでいつもの靴で圧迫感を感じてしまう
  • 足が傷むので履ける靴が限られてしまう
  • 足の指がしびれたり変な感じがする
  • 立ち仕事がつらい

モートン病ってどんなもの? |さくら鍼灸接骨院

モートン病とは、足の指の付け根にある神経が圧迫されて痛みやしびれを引き起こす病気です。足の指の間に小さなしこりができることもあります。中年以降の女性に多く見られます。ハイヒールやつま先が細い靴を履くことや、外反母趾などの足の変形が原因になることがあります。

モートン病の原因は? |さくら鍼灸接骨院

モートン病の原因は、足の指の付け根にある神経が、足の骨や靱帯、腫瘍などによって圧迫されることです。圧迫されると、神経が炎症を起こしたり、神経腫というしこりができたりします。これが痛みやしびれの原因になります。圧迫を受けやすいのは、第3趾と第4趾の間の神経で、次いで第2趾と第3趾の間の神経です。

モートン病を予防するには? |さくら鍼灸接骨院

モートン病を予防するには、足に負担をかけないようにすることが大切です。具体的には、以下のことに注意しましょう。

  • ハイヒールやつま先が細い靴は避ける

  • 靴は足に合ったサイズを選ぶ

  • 足の指を動かすストレッチをする

  • 足のマッサージをする

  • 足の痛みやしびれがあるときは無理をしない

向日市のさくら鍼灸接骨院ではモートン病の患者様にはマッサージとはりきゅう治療や整体の施術を行わせていただいています。マッサージは患部の血流を改善し、炎症や痛みを和らげます。また、筋肉や腱のコリや張りをほぐし、柔軟性を高めます。鍼は神経の働きを調整し、痛みやしびれを軽減します。向日市のさくら鍼灸接骨院の整体は全身のバランスを整えて姿勢や関節の歪みを改善します。

また、足の骨格や筋肉のバランスを整え、圧迫を解消します。これにより、患部への負担が減り、再発予防にも効果的です。灸治療は足の温度を上げて血行を促進し、痛みやしびれを緩和します

モートン病でお困りの患者様はぜひ向日市のさくら鍼灸接骨院へお越しください。

文責;柔道整復師・はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師 辻村みつひろ(向日市 さくら鍼灸接骨院)

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間