診療時間

足底腱膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足の裏が痛くて歩くのがつらい
  • 足の裏が痛くて運動ができない
  • 足の裏が痛くて外出がおっくう
  • 足の裏が痛くて眠れない
  • 足の裏が痛くて日常生活に支障がある

足底腱膜炎ってどんなもの? |さくら鍼灸接骨院

足底腱膜炎とは、足の裏にある腱膜が炎症を起こして痛みや腫れを引き起こす病気です。腱膜とは、骨や筋肉をつなぐ強い組織のことで、足底腱膜はかかとの骨から足の指の付け根まで広がっています。足底腱膜は、足のアーチを支える役割を果たしています。足底腱膜炎は、運動や立ち仕事などで足に負担がかかると起こりやすく、特に朝起きた時や歩き始めの時に痛みが強くなります。

足底腱膜炎の原因は? |さくら鍼灸接骨院

足底腱膜炎の原因は、足底腱膜に過度なストレスがかかることです。以下のようなことが原因になることがあります。

マラソンやジョギングなどの足に負担のかかる運動

ハイヒールやつま先が細い靴などの足に合わない靴

足のアーチが高すぎる・低すぎるなどの足の変形

加齢や運動不足による筋肉量の減少や柔軟性の低下

貧血や低血圧などの血流の悪化

甲状腺機能低下症やレイノー病などの病気

足底腱膜炎を予防するには? |さくら鍼灸接骨院

足底腱膜炎を予防するには、以下のことに注意しましょう。

適度な運動をする。過度な運動は避ける。

足に合った靴を履く。ハイヒールやつま先が細い靴は避ける。

足のストレッチをする。足の指を動かしたり、ふくらはぎを伸ばしたりする。

足のマッサージをする。痛みが出る前に、足の裏やふくらはぎをさすってあげる。

十分な睡眠をとる。睡眠不足は痛みを悪化させることがあります。

ストレスを溜めない。リラックスできる方法を見つける。

向日市のさくら鍼灸接骨院では足底腱膜炎の患者様にはマッサージとはりきゅう治療や整体の施術を行わせていただいています。マッサージは患部の血流を改善し、炎症や痛みを和らげます。また、筋肉や腱のコリや張りをほぐし、柔軟性を高めます。鍼は神経の働きを調整し、痛みを軽減します。向日市のさくら鍼灸接骨院の整体は全身のバランスを整えて姿勢や関節の歪みを改善します。

また、足の骨格や筋肉のバランスを整えます。これにより、患部への負担が減り、再発予防にも効果的です。灸治療は足の温度を上げて血行を促進し、痛みを緩和します

足底腱膜炎でお困りの患者様はぜひ向日市のさくら鍼灸接骨院へお越しください。

文責;柔道整復師・はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師 辻村みつひろ(向日市 さくら鍼灸接骨院)

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ