向日市・京都市・長岡京市・大山崎町の整骨院をおさがしならさくら鍼灸接骨院へ  
さくら鍼灸接骨院
本文へジャンプ

さくら鍼灸接骨院
あなたの骨盤大丈夫ですか?
骨盤矯正について・・・(こちらはPDFファイルとなります)


骨盤などに歪みがあると身体に様々な影響を及ぼします。

1.
ではまず…骨盤とはどのようなものなのでしょう?

骨盤とは腸骨・恥骨・坐骨・仙骨の4つの骨の組み合さったものの総称でその中でも腸骨・恥骨・坐骨は寛骨と呼ばれています。身体に重要な骨として骨盤の上には腰椎が接続されています。
骨盤は身体がリラックスしているときには開き気味になり特に睡眠時には最も開いた状態になるといわれています。逆に仕事、勉強などの緊張状態にあるときは閉じ気味になります。
また、腹筋力の低下などの様々な原因により常に骨盤がリラックス状態でない場合に長期間開き気味になると肥満・冷え性・O脚・生理痛などが起きやすくなったり逆に常に閉じ気味になると不眠などの不調が起きやすくなってしまいますので骨盤がきちんと開閉することが健康維持はもちろんのことながら女性の悲願である美しいプロポーションを保つためには欠かすことが出来ないのです。

腸骨
骨盤内の臓器や生殖器などを保護する役割がありさまざまな状態に応じて開いたり閉じたりします。これがうまくいかない場合に身体に様々な悪影響が出やすいといわれています。

恥骨
陰部付近にあり骨盤中でもっとも前面にある骨です。

坐骨
骨盤の最下部にあり座るときに床や椅子などともっともよく接触する部分。
坐骨でうまくバランスをとり座ることで理想的な姿勢が保たれますが、上手に座れない人も少なくないといわれています。

仙骨
骨盤の中央で腸骨と腰椎を繋ぐ骨
この仙骨は通常寛骨と平面関節で接続され大きく動くことは少ないのですが様々な原因によってずれることでさまざまな症状が出てくるといわれています。

また骨盤に接続している腰椎も重要な骨の一つです。
腰椎
骨盤の上に縦に5つ並んだ椎骨とその間でクッションの役割をする椎間板のことで身体を支えるとともに背側部にある椎弓で脊髄を保護する重要な役割を果たしています。
長年腰椎に負担がかかる仕事に携わったり良くない姿勢を続けていると腰椎椎間板ヘルニア・腰椎すべり症・腰椎分離症などが発生しやすくなります。また年をとっていくと加齢による変形で起こる脊柱管狭窄症を発症する可能性が高まります。




2.
先ほども書いたように骨盤は歪む・ずれるなどの状態になると良くない症状が起きてくるのです。

まず、こんなことが思い当たりませんか?
鏡で自分の姿を見てみたら左右で肩の高さが違う。
足の長さが違う違うような気がする。(立った時にどちらかに傾いている気がする)
靴のすり減り方がどの靴を見ても同じ方向が減っている。
ウェストのくびれが左右で違うような気がする。
下半身が痩せにくい
ネックレスなどががいつもずれやすくてよく直す。


こういった患者様がご自分でチェックしてみる方法をいくつか記載してみましょう。
プロの施術師に確認してもらうのと違い正確性は多少低いかもしれませんが目安にはなると思われます。
それでも気になる場合は当院にご相談ください。


簡単チェック法
その1(傾き)

背筋を伸ばして(自分の身長が最も高く見えるような感じで…)正座する。

第12肋骨(肋骨を上から触っていき一番下のちょっと後方に位置する骨です。)に親指をあて骨盤の一番張り出した部分に上に示指(人差し指)をあて、両手のその長さを比較する。
どちらかが長くなっている場合は骨盤が傾いていると思われます。
問題が無い場合は左右の長さの差は小さくなります。


その2(捻れ)
あおむけに横になり足を腰の幅くらいに開く。

左右の骨盤のもっとも張り出したところに親指を床に示指(人差し指)をつけ、両手のその長さを比較する。


どちらかが高くなっている場合は高かったほうの逆側にねじれているとおもわれます。
問題が無い場合は左右の高さの差は小さくなります。





3.
ではなぜ骨盤はずれてしまうのでしょう。また、ずれたらどんな症状が出るのでしょう

書ききれないほどたくさんの理由が考えられますが当院を受診中の患者様であった例をいくつか書いてみますと…
出産・老化(加齢変性)・ストレス・荷物を持つ時のクセ・足を組む時のクセ・姿勢がよくない・お仕事などで長時間同じ姿勢でいる事が多い・ヒールの高い靴を好んで履く・運動不足

特に女性の出産は骨盤内の靱帯を損傷する事も多く骨盤の歪みが出やすい理由の中でもトップクラスに位置しています。通常であれば骨盤は産後徐々に閉じていき出産前の状態に戻るようになっていますがなかなか元に戻らない場合、骨盤が開いたままの状態となってしまい様々な症状が出やすくなってしまいます。
特に大きな赤ちゃんを産んだ方や・高齢で出産された方の場合は元に戻るのに比較的時間がかかってしまったり戻りにくくなったりということが言われています。

こんな症状のある方の中には骨盤に問題のある方がおられるかもしれません。
生理痛(生理不順)・肌荒れ・不妊・不眠・腰痛・便秘・下痢 ・冷え性・下半身のむくみバストダウン・O脚・X脚
もちろん骨盤のゆがみだけが原因ではありませんがこれらが骨盤のゆがみによって引き起こされることも十分にありうるのです。



これらの症状で長い期間我慢されてきた患者様は一度さくら鍼灸接骨院を受診してください。きっと楽になります。





 Copyright (C) 2011 sakurasekkotsuin.jp All Rights Reserved.