診療時間

スタッフブログ

年末年始のいんちょのオタク活動 いんちょう │向日市 さくら鍼灸接骨院

年末年始のいんちょのオタク活動 いんちょう │向日市 さくら鍼灸接骨院

令和6年能登半島地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
1日も早く普通の生活が戻るようにお祈りしております。

今日は2023年末から2024年初頭にかけてのいんちょのオタク生活なお話です。
さくら鍼灸接骨院にずっと通っていただいてる患者様ならご存じの方も多いと思いますがいんちょは結構なオタクです。
それも広範囲に手を出すオタクなのでいつも財布は火の車です。
なおみ先生にもいつも叱られていますしパートの皆様方にも半ば呆れられていることだと思います。
子供のころからずっとはまって今現在も沼からはまりだせない(気持ちよくどっぷり浸かってる)のはガンダム・ゴジラ(怪獣)・その他もろもろありすぎて書ききれません。
そんな状態ですからこれ以上の出費を抑えるためにできるだけ新しい作品には手を出さないように気を付けているのですがそんな中うちの顧問社労士のせいらん社労士事務所の大槻先生からお勧めされていたのが「葬送のフリーレン」…原作はなかなか読む時間がなくて電子書籍だけは持っているのですが未読でした。


それが昨年10月からアニメ化ということで勧められていたこともありアニメなら1話20分そこそこで見られるということもあり(以前は漫画を読むのも無茶苦茶早かったのですが最近は大人目…老眼に苛まれてしまい遅くなってしまいました)録画してみてみたところ確かに面白い勇者一行が魔王を倒したところから始まるストーリーも珍しくそこから長命なエルフ「フリーレン」の心の旅が始まる昔ながらのRPGにあるストーリーをモチーフにしながらも新しいお話になっています。ほのぼのしていたり緊迫するシーンもあったり読みごたえのあるストーリーではないかと思います。

 

すでにバンダイスピリッツから発売予定のフィギュアはすでに予約してしまいましたしフリーレンとフェルンの杖のキーホルダーも注文してしまいました。

もう一つX(旧Twitter)でよく流れてくる広告のフィギュアがあるのですがさすがに2体で5万円は手が出ません(いや、出なくはないのですがすでにほかの出費先がたくさん…)。

 

 

そして年末からいんちょの心を鷲掴みにして話さなかったのはゴジラ-1.0です。

   
いつもあまり長時間空きのないいんちょがscreenX・4DX・/Cと三度も劇場に足を運んでしまいました。screenXは270度スクリーンで臨場感がより一層高まりました。

京都にはscreenX対応映画館がないので摂津まで行ってまいりました。4DXは座席が揺れる水しぶきや煙が出るまるでテーマパークのアトラクションのような体験ができました。そして/Cはマイナスカラーということで白黒映画でした。ゴジラへの恐怖感などがより一層高まる感じでした。ただ一点難を言えば白黒映画なのに画質がきれいすぎたり音声が明瞭すぎるのが白黒映画としては逆に興を削がれるものでした。
ゴジラマイナスワンは世界各国で好評なようで世界興行収入100億円を突破しているようです。


ゴジラはムービーモンスターシリーズやS.H.monsterarts・一番くじなどを購入したのですがきっとここから地獄の購入マラソンが始まるのだと思います。いんちょのスイス人のお友達もゴジラが大好きで代理購入をしてあげたりするのですが彼と一緒に地獄めぐりしようと思います。

 

そして年明け初めてのオタク作品は機動戦士ガンダムSEED FREEDOM!なんと20年越しの映画化です。

  

以前劇場化の話はありましたがてっきり立ち消えになったものと思っておりました。わかる方にはわかるお話(そりゃ当然ですね)ですが宇宙世紀のお話ではないのでそこまで大好きというわけではないですがガンダムの名を冠している以上見ないわけにはいかない。

ということで1月下旬は何としても時間を作って見に行こうと思っています。こちらもすでにモビルスーツのフィギュアが発表されていますしすでに予約済みです。

もちろん今年も患者様のための症例の勉強や新しい整体の技術の習得に頑張っていかなければならないのですがたまの空き時間はワンコのためやこういったオタ活に消えていくのです。

 

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ