診療時間

腸脛靭帯炎

こんな症状でお悩みではありませんか

腸脛靭帯炎って? │向日市 さくら鍼灸接骨院

腸脛靭帯炎は、膝の外側に痛みを感じる疾患で、特にランナーや自転車によく乗られる方など、膝を頻繁に使うスポーツをする人に見られます。痛みは運動中や運動後に強くなり、安静時には和らぐことが多いですが、放置すると悪化する可能性があります。

腸脛靭帯炎の原因って? │向日市 さくら鍼灸接骨院

原因は膝の使い過ぎによるもので、腸脛靭帯が膝の外側の骨に擦れて炎症を起こすことが多いです。不適切なランニングフォームや筋肉の硬さ、急な運動量の増加も原因となり得ます。

腸脛靭帯炎を予防するには? │向日市 さくら鍼灸接骨院

予防には、適切なウォームアップ、ストレッチ、筋力トレーニングが重要です。特に大腿四頭筋の柔軟性を高めるストレッチや、ランニングフォームの改善が効果的です。

腸脛靭帯炎が起きてしまったらどんな施術をするの?|向日市 さくら鍼灸接骨院

さくら鍼灸接骨院では、腸脛靭帯炎の治療にハイボルテージ治療や鍼灸治療、全身調整整体、テーピングなどを用いています。これらの施術は痛みの緩和と筋肉の柔軟性向上を目指し、症状の改善をサポートします。

向日市のさくら鍼灸接骨院では、患者様の痛みや不調に寄り添い、一人ひとりに合わせた丁寧な施術を提供しています。腸脛靭帯炎でお悩みの方は、ぜひご相談ください。私たちは皆様の快適な日常と健康を取り戻すお手伝いをいたします。

さくら鍼灸接骨院 辻村みつひろ

文責:向日市 さくら鍼灸接骨院 

院長 辻村みつひろ柔道整復師はり師・きゅう師あんまマッサージ指圧師

施術師歴 26年

地域の皆様の健康をお守りできるよう日々精進してまいります

皆様が毎日笑顔で過ごせるよう努力を欠かしません

執筆者:
院長 辻村みつひろ

京都府出身の柔道整復師・はり師・灸師・あんまマッサージ指圧師で辻村みつひろと申します。
自分は幼少期から柔道の道場に通っていました。けがをすることが多く柔道の師匠の接骨院に通わせていただくことがあり、多くの身体のいたんだ方に慕われておられる先生の姿を見て柔道整復師の仕事に憧れていました。

お問い合わせ

さくら鍼灸接骨院

住所
〒617-0002
京都府向日市寺戸町永田1-116
アクセス
阪急東向日駅・洛西口より徒歩8分
専用駐車場完備

診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

スタッフ紹介

患者様の声

施術メニュー

症状別メニュー【胸・背中】

  • スタッフブログ